1. ホーム
  2. 債務整理
  3. ≫任意整理

任意整理


借金が増えてしまって、毎月の返済が苦しいんだ。

専門家に相談に行ったほうがいいんじゃない?

毎月の返済額を減らしてもらえれば払えそうなんだけど、そういうことってできるのかな?

いろんな整理の方法があるって聞くよ。

任意整理という方法で解決できるかもしれません。
司法書士事務所神戸リーガルパートナーズにご相談ください。

任意整理とは

任意整理は、司法書士や弁護士が代理人となって債権者と借金の支払い方法について直接交渉する手続きです。

将来の利息をカットしたり、今の返済額より低い金額で返済するよう債権者と交渉をします。

債権者との合意後の返済については、支払いの滞納などをしない限り基本的に利息は付きませんが、元金は全額支払います。支払いの期間は、負債の額にもよりますが、原則として3年から5年です。

任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリット
  • 債権者と交渉して返済額を減らす(将来の利息をカットできる)
  • 裁判所を通さないで柔軟な解決が可能(一部の債権者だけ整理することも可能)
  • 比較的安い費用で整理することができる
任意整理のデメリット
  • 債権者が応じなければ解決できない
  • 最近は、一括弁済や将来の利息を要求する業者が増え話がまとまらないこともある
  • 自己破産や個人再生と比べると返済額が多くなる

任意整理より個人再生のほうが有利なケース

任意整理は、元金を分割で支払います。そのため負債の額が多いと毎月の返済額も返済総額も多くなってしまいます。

個人再生と比較すると、負債の額が130万円を超えると、当事務所の報酬を支払っても、任意整理より個人再生の方が総支払額は少なくなります。

こういった有利不利だけで決めるものでもないでしょうが、例えば、一括返済を主張して分割弁済に応じない業者や将来の利息カットに応じない業者が含まれているとき、任意整理にこだわらないで、個人再生で裁判所手続きを通じて、元金をカットし分割で支払うことも検討する方がいいでしょう。

当事務所のサポート内容

方針決定後の流れ

債務整理の方針を任意整理に決定した後の流れです。

返済計画案を作成

負債、家計の状況をもとに弁済計画を立て、無理のない返済計画案を作成します。

和解交渉

和解案ができたら、債権者に和解の申入れを行い、和解の話し合いをします。
話し合いがまとまると、その内容の和解書を作成します。

和解交渉

和解内容に従って、弁済をしていただきます。支払いは、原則として、債権者が指定する口座に振り込んでいただきます。

当事務所の費用

債権者数報酬(消費税別)
1社目30,000円
2社目以降1社につき20,000円

*一括でのお支払いが困難な場合、分割でのお支払いにも応じております。
*過払金の返還を受けたときは、返還額の20%を報酬としていただきます。
*過払金返還の訴訟をするときは、訴訟の実費が別途必要です。