1. ホーム
  2. 自己破産の手続
  3. ≫自己破産の流れ

自己破産の流れ

自己破産手続きは数か月を要します。
大まかな流れを見ていきましょう。

相談

まずは弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することになるのが一般的です。

その際、手続きにはどのような書類や説明資料が必要になるのか、それをどうやって入手するのかなど大まかな説明がなされます。

また自己破産のメリットやデメリットなどの説明も行われるので不明な点はしっかりと聞いておきましょう。

債権調査

代理人が事件を受任すると、各債権者に対してその旨が発送通知されます。
この時点で債権者からの取り立てはストップします。

当該通知では、同時に代理人が債権調査の協力を各債権者お願いし、債権債務の正確な状況把握を行います。

書類作成と提出

自己破産手続きに必要な各種書類の作成を行い、証明書類などを入手して整合性を確認します。

提出前に全ての証拠書類に目を通し、間違いのない状態にして裁判所に提出します。

破産開始の決定

証明書類に不備が無く、裁判所に受理されれば裁判所は債務者の調査を行います。
支払い不能と判断され、問題がなければ破産開始の決定が下ります。

免責

資産が無く同時廃止の場合はすぐに免責許可の決定手続きに移行し、免責不許可事由などの問題が無ければ免責許可が決定します。