1. ホーム
  2. 民事信託(家族信託)
  3. ≫民事信託(家族信託)の活用事例

民事信託(家族信託)の活用事例


民事信託がどういうものかは、民事信託(家族信託)で少しイメージがつかめました。

どういう場合に使えるのか、もう少し活用事例を教えてください。

分かりました。民事信託(家族信託)の活用事例をいくつか紹介いたしましょう。

認知症に備えて信託を利用し成年後見では対応できないこともカバー

成年後見制度は、広く知れ渡っていますし、認知症になったら成年後見制度を利用すれば、それで十分ではないのですか?

成年後見が開始すると、あなたの財産は成年後見人に管理されることになります。成年後見人には誰が選任されるか分かりません。

それに、この成年後見制度では、あなたの財産の管理することが目的となります。

認知症になる前のあなたの意思。例えば、孫に毎年お小遣いを渡そうとか、入学祝をどれだけ渡そうとか、学費を支払ってあげようといったこと、相続対策として暦年贈与を利用しようとか、生命保険を活用しようとか、アパートを建てようとか。こういったことは、ほとんどできなくなり、今ある財産をそのままの形で管理されるだけになります。

そうなんですね。成年後見の万能ではないのですね。誰が成年後見人に選ばれて財産管理をすることになるのか分からないのも何だかイヤだな。

認知症になる前に信託を活用すると、自分の意思を財産管理に反映できるのですか?

そうですね。

民事信託で、早いうちに財産を信託しておけば、信託した財産はあなたの財産とは分別され、信託契約に従って受託者が財産を管理・処分をすることになります。認知症になって成年後見が開始しても、成年後見人が管理するのは信託していない財産だけで、信託した財産の管理・処分は成年後見制度の影響を受けません。

信託契約にあなたの意思を反映させておけば、あなたが認知症になった後でも、受託者になった方があなたの意思に従って財産を管理処分することになります。

認知症になった後成年後見制度では十分活かせなかったあなたの意思を、民事信託を活用することで財産管理に活かすことができるのです。

認知症になったときの財産管理については、介護ほど注目されることはありませんでした。しかし、超高齢化社会を迎えたことと、相続税の改正で一般の方でも相続税の対象になる可能性が出てきたことから、認知症になったときに備えて、元気なうちに民事信託を活用するケースも増えてくるのではないでしょうか。

次の次まで財産を引き継ぐ人を決め遺言では対応できないことをカバー

終活という言葉を耳にする機会が増えて、エンディングノートや遺言なども少し注目されるようになっています。
遺言も十分ではないのですか?

遺言は、あなたが亡くなったときに効力が発生し、財産が移転します。遺言者の思いを残すことができますが、それは一代限りです。遺言する方が、その次の相続のことことまでは決めることはできません。

その次の相続まで決めるとは、例えばどういうケースですか?

例えば子供がいない夫婦のケースを考えてみましょう。

夫に先祖から引き継いだ財産がたくさんあるとします。夫が亡くなると、財産は夫の兄弟と妻が相続します。夫としては、妻が存命中は妻のために財産を利用させたいと思っています。次に妻が亡くなると妻が相続した財産は妻の親族が相続することになりますが、夫としては夫の先祖からの財産なので妻の親族が相続することには抵抗があります。妻が亡くなった後は、妻の財産は夫の兄弟に引き継がせたいと思っていたとします。

夫は、遺言で財産をすべて妻に相続させることはできます。しかし、妻の死後は財産を夫の親族に引き継がせることまでは夫の遺言ではできません。

そのケースで民事信託を利用すると、どういうことができるのですか?

例えば、信託の受益権を、ご自身が生存されている間はご自身に、ご自身が亡くなった後は妻にし、妻が亡くなった後は夫の親族にするというようなことができます。こうすることで、妻の存命中は、妻が利用することができ、妻の死亡後は財産が妻の親族に移転することもありません。

障がいをもつ子の親亡き後対策として

障がいを持つ子の親亡き後のことは切実ですね。

そうです。障がいをもつ子がいる場合、親が亡くなった後の子の生活が親としては一番心配でしょう。

これまでは、どうしていたのですか?

これまでは、これについてこれといった有効な方策はありませんでしたが、民事信託を利用すれば、解決できるようになりました。

例えば、親の財産を民事信託して、毎月一定額を障がいがある子が受け取れるようにします。一度に大きな財産を渡さなくてもいいので安心です。

このとき受託者は信頼できる身内がいればその身内の方にお願いすればいいでしょう。また、受託者が勝手なことをしないように、信託監督人をつければ、信託監督人が受託者の財産管理を監督できるので、その点でも安心です。

ここに書いたのはほんの一例で、民事信託が有効なケースは他にもたくさんあります。