1. ホーム
  2. ≫民事信託(家族信託)

民事信託(家族信託)


民事信託って何ですか?

投資信託とか信託銀行は聞いたことがありますが、それとは違うの?

それとは少し違います。

投資信託は大きい財産を大きい会社に預けますね。信託銀行は、こういった大きい財産を預かる代表的な会社です。

「民事信託」では、あなたの家族など一番信頼を置ける人に財産を預けることができるのです。だから「家族信託」とも呼ばれているんです。

これが一番違うところです。

でも別に家族にお金を預けることもないし、私には関係ないですね。

そんなことはありません。

これまでの遺言や成年後見でカバーしきれなかったことを解決してくれるのが民事信託です。相続対策事業承継を考えるときに、民事信託を知っているだけで選択肢が増えますよ。

この他に障がいがある子の親なき後対策にも使えます。

民事信託(家族信託)の活用事例もご覧ください。

民事信託とは

では、「信託」とはどういうことなんですか?全くイメージできません。

信託とは、あなたの財産を信頼できる人に預けて、その人に預けた目的に従って管理してもらうことをいいます。
また、預けた財産から得られる利益を、あなたが受け取ったり、第三者に受け取らせることができます。

これだけでは分かりにくいですね。

例えば、

アパートを持っている人が高齢で管理するのが大変になったとき、アパートを子供に信託し、自分は家賃から経費を引いた利益を受け取る

というような使い方ができます。

これを図にすると下のようなイメージです。

民事信託のイメージ

財産を預ける人を「委託者」、財産を預かる人を「受託者」といいます。

預けられた財産から得られる利益を得る人を「受益者」といいます。

他にも信託はさまざまな活用方法があります。詳しくは民事信託の活用事例をご覧ください。

民事信託の開始

信託にはいろいろは使い道がありそうですね。信託するには、どのようにすればいいのですか?

民事信託が開始するのは、主に2つのケースがあります。

一つは契約、もう一つは遺言です。

契約による場合は、委託者と受託者の契約によります。受益者は利益を受けるだけなので、ここでは契約の当事者にはなりません。この場合は、契約の効力が発生すると、信託が開始します。
遺言による場合は、遺言の中に信託の内容を盛り込んでおきます。遺言の効力が発生したときに信託が開始するので、遺言者が亡くなったときから信託が開始します。

信託財産の管理

信託して預ける財産(信託財産)がどう管理されるかが気になります。本当に指定したとおりにしてもらえるのかとか、不正に使われたりしないかとか。

信託財産は、委託者の財産とも受託者の財産とも分別して管理されます。
また、信託監督人や受益者代理人をつけて、信託財産が目的どおり管理されているかを見張ることもできます。

受託者が破産した場合、財産は取られてしまうのですか?

信託には倒産隔離機能というものがありますので、信託後に委託者が受託者が破産したような場合でも、信託財産には影響がありません。