1. ホーム
  2. 相続手続きの相談
  3. ≫相続の流れと期限

相続の流れと期限


基本的な相続手続きの流れ

STEP1相続の発生

 

被相続人の死亡により相続が発生します。

STEP2死亡届の提出

死亡届の提出のイメージ

被相続人の死亡から7日以内に死亡の届出をしなければなりません。通常は葬儀社が代行するケースが多いでしょう。

STEP3遺言書の有無の確認

亡くなった人の遺言書があるかどうかを確認します。遺言書の有無により、相続手続が変わってきます。

STEP4相続人の確認

相続人の確認のイメージ

遺言がある場合、相続財産は原則として、遺言で指定されたとおりに分割されますが、遺言がない場合には、相続人全員での遺産分割協議が必要になることから、先妻の子や認知している婚外子がいないかを被相続人の出生にさかのぼって戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍謄本などを取り寄せ相続人を確定させます。

STEP5遺産分割協議

 

相続人全員による協議が整わない場合、家庭裁判所による調停、それでも整わなければ家庭裁判所の審判手続き行わなければなりません。

STEP6遺産の分配・各種名義変更

遺産の分配・各種名義変更のイメージ

株式名義変更申請など登記・登録してある物は無用の争いが生じる可能性をゼロにするためにもできる限り早く手続きをすることをお勧めします。

注意事項

相続手続きには期限があるものがあります。

相続の方法(単純承認、限定承認、相続放棄)を決める ⇒ 3か月以内
被相続人が確定申告をしなければならない場合、準確定申告をする ⇒ 4カ月以内
相続税の申告・納付 ⇒ 10か月以内

シェアをお願いします。