1. ホーム
  2. 相続手続きの相談
  3. ≫相続の基礎知識

相続の基礎知識


相続問題は誰にでも起きる法律問題です。
最近ではご自身の相続対策や相続問題に関心を持たれる方が非常に増えてきました。生前に対策をしておかなかったばかりに相続開始後に相続人同士でもめたり、勘違いや誤解から手続きがスムーズに進まないというケースもあります。何か相続でのお困りごとがある場合には遠慮なくご連絡ください。

相続の対象となる財産

相続についてのイメージ

相続により、亡くなった人(被相続人)の全ての財産が相続人に移転します

被相続人が所有していた預貯金や不動産などのプラス財産が移るのはもちろんのこと、被相続人に借金などのマイナス財産がある場合にはマイナス財産も相続人が引き継ぐことになります。

また、全てが相続人に分かるように残されていれば良いのですが、そもそもその所在が明らかでないものがあることがあります。
その為には、相続財産にはどのようなものがあるのか、その評価はどの程度か、負債はないかなどの調査が欠かせません。

手付かずのままに放置しておくと相続人の方に思わぬ不利益が及ぶこともありますので、大切なご家族を亡くされて気持ちの整理がつかない状態でも、相続という問題に対処せねばなりません。

単純承認・限定承認・相続放棄

相続人は、被相続人(亡くなれた方)が残した相続財産を、どのように相続するか選択する事ができます。
選択方法は、以下の単純承認・限定承認・相続放棄の3種類です。
この選択ができる期間は、相続が開始し自分が相続人になったことを知った日から3か月以内です。3か月を過ぎてしまうと、単純承認したとみなされ、負債を含めて全ての財産を相続します。相続方法の決定についての詳細はこちら ⇒ 相続方法の決定
相続放棄についての詳細はこちら ⇒ 相続放棄

遺言・生前贈与

生前であれば、自分の所有している財産は自由に処分することが出来ます。生前に財産を贈与しておくことは、相続対策の一つとして有効です。また、自分が亡くなった後に財産をどのように処分するかは「遺言」を残すことで最終の意思を実現させることが出来ます。生前贈与について詳細は「生前贈与」をご覧ください。
遺言について詳細は「遺言書の作成」をご覧下さい。

遺産分割

被相続人が遺言書を残している場合は、遺言書に従って遺産を分割します。
では、遺言が残っていない場合、被相続人の財産はどのように分割されるのでしょうか。
原則は、法律で決まった相続人(法定相続人)が、法律で定められた相続分(法定相続分)で相続財産を分け合います。
現金や預金はそのような方法で公平に分けることも可能ですが、そういう財産ばかりとは限りません。
ここで、相続人間で相続財産を分けるための話し合い、つまり「遺産分割協議」が行われます。この遺産分割で家族間・親族間で相続財産を分けることになるために、感情のもつれなどが原因で様々なトラブルになることがありますので慎重に進める必要があります。詳しくは、「遺産分割協議」をご覧下さい。