1. ホーム
  2. 債務整理
  3. ≫特定調停

特定調停


特定調停特定調停は、債務整理の方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくても、それほど迷うことなく進めることができる手続きです。
裁判所において債権者と和解をするもので、破産を回避することを目的とし、調停委員や裁判官が仲介者となって分割返済や利息カットの 話し合いを進行させてくれます。
自分でも比較的簡単に申立てができますので、借入してからの期間が比較的短く、支払うための収入がある方は、あまり費用をかけずに自分でできる手続です。
元金は利息制限法によるひき直し計算後の残高で合意することができます。そのひき直し後の残高を3年から5年の限度で分割で払うことで合意するのが一般的です。合意後の返済については、 支払いの滞納などをしない限り基本的に利息は付きません。

メリット
  • 一部の債権者のみでも整理可能
  • 債務総額が減少する
  • 司法書士報酬が不要なため、費用が安く済む。
  • 自分で債権者と話す必要がなく、調停委員が交渉をしてくれる。
  • 財産を残しながら、借金を整理することができる。
  • 仕事に関する資格を失わずに済む。
  • 保証人に迷惑がかからない。
注意点

出頭に何度か応じる必要がある為、裁判所に足を運ぶ必要があります。
一定期間信用情報に掲載され、借り入れが出来なくなります。また、過払い金が発生していても回収できないので、過払い金を回収したい方は任意整理をおすすめします。
数年間は、新たな借金をしたりクレジットカードを作ったりすることはできません。

特定調停はこんな方におすすめ!

  • 借りたお金はきちんと返したい
  • 返済を軽くしたい
  • 今後収入の見込みがある
  • 自分一人で手続きをしたい

シェアをお願いします。