1. ホーム
  2. ≫土地建物不動産の名義変更登記

土地建物不動産の名義変更登記


不動産の権利が移転するとき、名義変更が必要になります。例えば次のような場合。

  • 土地、建物、マンションなどを売買するとき
  • 不動産を贈与するとき
  • 離婚の際にマイホームを財産分与するとき
このようなときは、不動産の名義変更登記をします

特に不動産を取得される方は、早めに登記を受ける必要があります。なぜなら、不動産登記は早い者勝ちだからです。

例えば、あなたが不動産をAさんから購入して登記をしないうちに、Aさんが同じ不動産をBさんにも売り、Bさんがあなたより先に登記をしてしまったら、どうなるでしょう?

あなたの方が購入したのが先であっても、Bさんの名義になってしまった不動産をあなた名義に変えることはできません。

ですので、不動産の名義変更が必要なときは、登記の専門家司法書士に依頼し、迅速に対応されるのが一番安心なのです。

不動産の名義変更登記の手続き

土地や建物など不動産の名義変更登記は、新たに名義人になる方(権利者)と名義を失う方(義務者)が共同して申請します。

なお、相続による名義変更は、手続きが異なりますので「相続登記」をご覧ください。

不動産名義変更の必要書類

売買などで不動産の所有者が変わり、名義変更登記をするには次の書類が必要です。

  • 売買などで所有権が移転したことを証する書面(登記原因証明情報)
  • 権利者の住民票
  • 義務者の権利証(登記済証)または登記識別情報通知
  • 義務者の印鑑証明書
  • 当事者が法人であるときは代表者の資格証明書
  • 司法書士に依頼するときは司法書士への委任状
  • 不動産の固定資産税評価証明書

不動産の所有者の方の住所や氏名が変わっている場合は、名義変更登記の前に住所や氏名の変更登記が必要になりますので、それらの変更を証明する住民票などが必要です。

不動産を売買するときのことは、家を購入するときの名義変更登記をご覧ください。

詳しいことはお気軽にお問い合わせください。