1. ホーム
  2. ≫会社設立

会社設立


会社の種類

 

株式会社

株式会社のイメージ出資者である株主に対して株式を発行することで設立される法人です。
株式に付帯する議決権に応じて決定を行う株主総会により重要事項の決議を行います。また、収益を配当金として、株式数に応じて株主に還元します。
従来は資本金について1000万円以上という制約がありましたが、2006年に施行の新会社法により資本金1円での設立も可能になりました。また、同改正により取締役会の設置も任意となるなど、多様な運営形態が可能となっています。

 

平成18年5月から新しく設けられた会社形態です。合同会社は出資者全員が有限責任を負う点で株式会社に類似しています。また、定款自治が認められていて、会社運営の自由度が高いことも特徴です。
個人事業の法人成りはもちろんのこと、社員の人的信頼関係を基礎とする会社であることからさまざまな共同事業やベンチャー事業等での利用に向いています。
また、有限責任の会社としては株式会社より設立費用が安いこともメリットのひとつでしょう。

 

合名会社

合名会社のイメージ個人事業者の単体、若しくは集合体を会社組織にしたものと考えるのが、解りやすいと思います。出資者は、単独経営の場合はもちろん、共同経営の場合でも個人事業の時と同様に、会社の利害関係者に対して全ての責務を負います(無限責任)。反面、出資者個々人が代表者としての権利を持っています。
共同組合的なものから発展し、会社組織とした場合が多く、非常に古い会社形態であると言えます。酒造、醤油醸造等の会社で希に見られます。

 

合資会社

合資会社のイメージ合名会社を少し発展させた形態の会社です。無限責任を負う出資者が経営する事業体に、資本参加だけする出資者(有限責任)が加わり、事業規模の拡大を狙った形態となっています。
合名会社から株式会社、有限会社といった会社形態に移行する中間的なポジションに位置するのが合資会社であると言えます。

会社設立の必要書類

●定款
●発起人の決定書
●設立時取締役・設立時監査役・設立時代表取締役の就任承諾書
●出資の払込みをした預金通帳
●印鑑証明書

 

会社の印鑑

会社を設立すると、さまざまな印鑑を使用することになります。印鑑の種類を簡単にまとめてみました。

個人実印

個人がその住所地である市区町村に登録している印鑑のことです。会社設立の際にも使用しますので事前に実印を作って市区町村に印鑑登録しておく必要があるものです。

会社実印

会社設立登記を申請する際に、法務局にて届出を行う印鑑です。会社代表者の個人の実印を届出することも可能ですが、一般的には「商号」と「代表者の役職名」が入ったものを使用します。
法律によってサイズがあります。「辺の長さが1cm以上3cm以下の正方形に収まるもの」とされており、通常、外側に商号(社名)、内側に「代表取締役之印」を入れます。
会社設立手続きには、【1】個人実印【2】会社実印のみ必要となりますが、その他に銀行で使用する「銀行印」やいわゆる「ゴム印」もあれば便利です。一般的な印鑑屋では2~3万円もあれば購入することができます。