1. ホーム
  2. 自己破産の手続
  3. ≫司法書士と弁護士との違い

司法書士と弁護士との違い

似たような仕事をする司法書士と弁護士、自己破産手続きはどちらにお願いする方が良いのか?という疑問をお持ちの方も多いと思います。

結論から言うと、神戸で個人の自己破産や個人再生事件の場合、まずどちらに頼んでもそれほどの違いはないのでお好きな方に、ということになります(東京では事実上弁護士が強制されているようなので、弁護士に依頼する方が楽でしょう。)。

あとは手続き代理にかかる料金や、相性の合う代理人は誰か、という観点で選定していけばいいと思います。

個人の自己破産事件では司法書士も弁護士もそれほど違いはない

自己破産手続きや個人再生手続きでは、裁判所で裁判官と面談を行うことがあります。

その際に司法書士は、代理人ではないため本人に代わって本人の意思を伝えるということはできません。

しかし、個人の自己破産では代理人のような代理権が求められることは実際にはほとんどなく、自己破産手続きの申立書類の作成と提出が終わればほとんどのケースで問題なく免責決定が下ります。

弁護士の場合代理権があるのでスムーズに事が運びやすいことは間違いないでしょうが、個人の自己破産事件ではほとんど使われることが無い権利のため、それに高い費用を払う必要性が高いとは言えません。

代理権が必要になる事件とは

個人の場合はほとんど問題にならない代理権ですが、法人の破産事件の場合は少し状況が違います。

例えば取引関係にある会社との契約関係の清算だとか、従業員との雇用契約関係の清算が必要なケースでは、代理権を持つ弁護士の方が対応処理がスムーズにいきます。

司法書士でも無理ではありませんが、ご自身で対応しなければならないことが増えるために、事件の処理が完了するまでの期間に差が出てくることが考えられます。

費用の問題

個人の自己破産事件や個人再生事件では弁護士も司法書士も事件の処理能力の違いによって結果に差が出ることはほとんどありません。

弁護士に付帯した代理権が裁判所で使われることはほとんどありませんが、それでも受任費用としては司法書士より高い報酬を設定しているこ所が多いでしょう。

相性と共に重要な料金のことも比較しながら、良い相談先を探してみましょう。