1. ホーム
  2. 自己破産の手続
  3. ≫相談から免責までの期間

相談から免責までの期間

自己破産の手続きは複雑・煩雑で手間と時間がかかるということは皆さんもお分かりいただいていると思いますが、今一度それがなぜなのか振り返ってみましょう。

自己破産は法律的に借金を帳消しにしてくれるという強力な制度で、債権者や保証人など多くの人に対して多大な迷惑をかけることになります。

そのため自己破産の制度は非常に厳格に運用されなければならず、誰でも自由にとはいかないものでした。

人生をやり直させるに値しない、ギャンブルなどによる借金も対象外でしたね。

このように厳格に運用される制度ですから、自己破産の決定や免責の決定をする裁判所はかなり厳しく審査をすることになります。

ですからそんな彼らを納得・説得させるにはそれなりの説明力を持った証明書類なり資料なりが必要になるのです。

それでは自己破産手続きにどのくらいの期間がかかるのか見ていきましょう。

債権調査に要するのは約1か月

各債権者に対して、司法書士などの受任者が受任通知と共に債務確定の為の債権調査を行います。

各債権者が自分の債権を改めて調査し、それを司法書士などの受任者に通知します。

この作業には概ね1か月ほどを要します。

書類作成から提出までは約1か月

債権調査が終了すると、それを基にして申立書類の作成にかかります。
司法書士だけでなく、破産を希望する本人も事情の記入が必要です。例えば借金が膨らんでいった経緯を債権調査の結果と齟齬が無いように記入したり、生活状況などを記入します。

また収入を証する書面として給与明細や土地建物の契約書などの準備を行います。

申請に不備が無ければ破産開始決定は約1週間後

申請書類に不備が無く、その他にも問題なければ申請後約1週間で破産開始の決定が下ります。

免責は破産開始から2か月程度

実際の借金を帳消しにしてくれる免責の決定は破産開始から約2か月後が目安です。

このように、事案にもよりますが借金債務から解放される免責決定まではおよそ5か月~半年かかるのが普通です。