1. ホーム
  2. 住宅ローンの返済が苦しいとき
  3. ≫リスケジュール

リスケジュール

自己破産を考えている方の中には住宅ローンを抱えている方も多いと思います。

もしその他の借金が割と少額で、借金に占める住宅ローンの割合が多いのだとしたら、自己破産よりもまず住宅ローンの返済スケジュールの見直しを考えることで、マイホームを手放すことを回避できるかもしれません。これを住宅ローンの「リスケジュール」といいます。

それではこのリスケジュールとはどのようなものなのか見ていきましょう。

裁判所などの関与が無い自由交渉

あなたが最初に住宅ローンを組んだ時に、月々の返済額などのスケジュールをたて、返済プランを作ってローン取り扱いの銀行と交渉したと思います。

それが通ってこれまで返済を続けていたわけですが、昨今の不況下、ボーナスカットなどの給与面での不利益がいつ起こるか分かりません。

例えばボーナスからの返済を当てにしてスケジュールを立てていた場合、返済が困難になってしまいます。

こんな時は月々の返済に上乗せして返済額と期間を調整してもらうなどの交渉をすることができる場合があります。

ただしこれは当事者の自由交渉なので、取り扱いの銀行がそれに絶対に応じてくれるかどうかは分かりません。弁護士や司法書士などの力を借りれば交渉に応じてくれやすくなりますが、それも絶対ではありません。

また、リスケジュールをお願いするからにはそれなりの説得力のある返済プランを作り上げて銀行を説得しなければなりません。

今後月々の給料まで下がる可能性があるならいずれは破たんを迎えますのでリスケジュールは適当ではないかもしれません。

返済額自体は変わらない

リスケジュールは返済額を減らしてくれるものではありません、返済方法を調整し、伴って返済期間を延ばすものです。

リスケジュールによってはあなたの老後の生活に影響が出る可能性もありますので、住宅ローンに詳しい司法書士などの専門家に相談することをお勧めします。

リスケジュールが難しい場合は

この場合は個人再生手続きの住宅ローン特別条項を使って他の債務を圧縮し、その分をローンに充てるなどの方法も考えられます。

この手法もやはり個人では難しいので法律専門家の助力が必要です。