1. ホーム
  2. 住宅ローンの返済が苦しいとき
  3. ≫任意売却

任意売却

自己破産という選択肢が視野に入ってくる時に、もしあなたに不動産などの価値のある資産がある場合、自己破産手続きに入る前にその資産を売却してお金に換え、債務者に返済するという「任意売却」が有効であることが多いので検討する価値があります。

任意売却とは裁判所などの強制力を持って行われる競売と違い、自分が売り主となって買主と交渉し、売却する方法です。

任意売却でどんなメリットを得られるのか見ていきましょう。

管財事件ではなく同時廃止にすることができる

自己破産には管財事件と同時廃止の2つのパターンがあると以前お話しました。

同時廃止はめぼしい資産が無いときのパターンで、複雑な手続きや数十万円の与納金等の負担もなく、スムーズに免責されるものでしたね。

一方、換価価値のある資産があると管財人が選定され、資産の売却や配当を行わなければならずこれには数十万円の費用と1年近い期間が必要でした。

自己破産前にめぼしい資産を任意で売り払い、返済を行っておけば自己破産手続き開始時の資産がないので同時廃止の手続きを使うことが可能になります。

競売よりも高く売ることが可能

通常競売では買い叩かれることが多いので売値はかなり低くなってしまいます。

任意売却は通常の売買と同じなので一般の市場で売り買いされるため、不当に買い叩かれることはありません。市場価値に近い値で売却できます。

これにより、より多くの返済が可能です。

引っ越し費用をねん出できる

競売ではこちらの引っ越し費用などは面倒を見てくれませんが、任意売却なら買い手の方である程度の費用負担を持ってくれる可能性が高いです。

また引越し時期の相談などもできるので融通が利きます。

偏頗弁済に注意

任意売却後に自己破産をする可能性がある時は、以前お話した偏頗(へんぱ)弁済に注意が必要です。

売却して得た資金を特定の貸金業者などにまとめて返済してしまうと、偏頗弁済とみられて自己破産が出来なくなってしまう場合がります。

ただし、抵当権付の物件の場合、抵当権抹消の為にローンを組んでいる銀行などの金融機関に支払う分は偏頗弁済にならないので大丈夫です。