1. ホーム
  2. 住宅ローンの返済が苦しいとき
  3. ≫競売

競売

借金の返済が滞り、債務者からの返済の可能性が低いと判断した場合、競売という手続きが取られることがあります。

これはあなたが持っている不動産などを担保としてお金を貸しつけた債権者が行使できる権利で、裁判所に申し立てて行われます。

裁判所の管理下で行われる競売は自らの意思で行う任意売却と比べるとデメリットの方が多いとされています。

余力があれば債権者達が競売の申立てをする前に自ら動いて任意売却をする方が良いとされていますが、競売にはどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

安く買い叩かれる

競売で扱われる物件はキズモノ扱いなので一般の人は敬遠します。相当不動産に詳しい一部の個人の方の他は不動産業者などのプロが競り合います。

売り手は借金の返済が出来なくて困っていて金が欲しい=買い手有利な市場であるため、適正な市場価値よりもかなり低い金額で買い叩かれてしまうのです。

競売で物件が売れても、ローンの残額があればその分の返済はまだ残っています。
売れればローンが帳消しになるわけではありません。

そのため少しでも高く売却した方が良いことは言うまでもありませんね。

引っ越し費用・引越し時期の融通が利かない

任意売却では引っ越し費用の負担を相手が一部持ってくれることがありますが、競売ではそのようなことはりません。

また競売で買われると、落札者に言われればすぐに家を出ていかなければなりません。

心理的な負担が大きい

競売では公に競売の事実が公開さるので、近所に知られる可能性が高まります。

また債権者も物件を調査しに来ますから急に人の出入りが多くなります。

その際複数人が見学に来ることも多く、話の内容は債権債務の話になるでしょう。

近所に気を使ってヒソヒソ声で話すなんてことはしないでしょうから、近所に丸聞こえになります。