1. ホーム
  2. ≫住宅ローンの返済が苦しいとき

住宅ローンの返済が苦しいとき

住宅ローンの支払が困難になったとき、どういう方法があるのかについてまとめています。

住宅ローンが支払えなくなる原因には、失業や収入減少、他の負債が家計を圧迫する場合などの他、最近では「老後破産」と言って、定年後の収入減少などによって住宅ローンが支払えなくなるというケースも増えているようです。

住宅ローンの支払が困難になったとき、その原因が一時的なものなのか、他にも負債があるのかなど様々な事情を考慮して、解決方法を検討しないといけません。

リスケジュール のページでは、住宅ローン債権者との協議によって、住宅ローンの支払を見直す方法について説明しています。マイホームを手放さなくて済むメリットがあります。ただし、将来再度払えなくなっては意味が無いので、先々までの生活状況を見通しておく必要があります。そのためファイナンシャルプランナーなどに相談してしっかりしたライフプランを立てておくのがいいでしょう。

任意売却 のページでは、マイホームを売却する方法について説明しています。一般的には、裁判所の競売より高く売ることができます。また、売却代金から引越し代を捻出できることもあるので、どうしても住宅を手放さざるを得ない場合は、有効な手段です。任意売約をしても住宅ローンの債務が残ってしまう場合には、残った負債をどうするのかも検討する必要があります。

競売 のページでは、債権者による競売手続きについて説明しています。できれば、競売になってしまう前に、何らかの解決方法を検討する方がいいでしょう。

住宅ローン再生 のページでは、マイホームを残しながら債務を整理できる住宅ローン特則付きの個人再生手続きについて説明しています。住宅ローン以外にも借入れがあって、住宅ローンの支払も苦しくなっているケースでは、有効な解決方法になります。