1. ホーム
  2. 自己破産の基礎知識
  3. ≫年金への影響

年金への影響

年金受給者が自己破産をするとどうなるのか、不安に思っている人も多いと思います。

通常、破産をするとめぼしい財産は没収されて債権者に配当されますが、国民年金や厚生年金などの公的年金は「差押禁止財産」といって差押が出来ない資産になるので今後受給が出来なくなるということはありません。生活保障の為の大事なお金だからです。

しかしこれにはカラクリがあって、注意しておかなければならないこともあります。

すでに銀行口座に振り込まれている公的年金は差押えされる

差押禁止財産なのになぜ差押されるのかというと、すでに受給を終え、口座に振り込まれた年金はもはや他の預金と変わらないから、というのが法律解釈になっています。

ですから受け取る年金を口座振込ではなくて手渡しで受け取ると差押されないことになります。郵便局で手渡しで受け取れる制度があるようです。

また一定の裁判手続きを経れば口座振込の年金も差押の対象から外すことができます。

免責後は口座振込でも年金の受給は可能

一旦免責されてしまえば全ての債務から解放されるわけですから差押えを受けることはなくなりますので年金の受給は普通にできます。口座に振り込まれた年金が差押の危険にさらされるのは免責が決定されるまでの間です。

民間の年金保険は原則没収される

差押禁止財産に指定されてるのは公的年金です。民間の生命保険や年金保険は禁止されていません。

解約返戻金がわずかしかないなど換価価値のない場合は無視されることもありますが、返済の原資になると判断されれば管財事件となり、管財人が換価・配当の手続きをすることになります。

免責後は民間保険にも加入できる

免責が一旦なされれば、その後は自らの貯蓄努力で資金を貯め、民間の保険に入ることも可能です。