1. ホーム
  2. 自己破産の基礎知識
  3. ≫自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット

自己破産して免責決定を得ると、借金は法律上「ゼロ」になります。これが自己破産の最大のメリットです。

しかし、その反面、自己破産にはデメリットがあるのも事実です。

ですから、自己破産するかどうかを検討するにあたっては、自己破産によって得られるメリットとデメリットをよく検討し、あなたはデメリットを受け入れることができるか、それ以上のメリットがあるのか、ということを事前に検討しないといけません。

ここでは、自己破産のメリットとデメリットについて説明します。

自己破産のメリット

自己破産をして免責決定を得ると、税金の滞納や損害賠償のための支払いなど一定の債務を除いて、通常の借金からは法律的に解放され、支払い義務が無くなります。

これは免責が認められればのことです。ただし、免責不許可事由がある場合でも、よほどのことがない限り、免責が認められているのが実情です。

ですから、自己破産をすればほとんどの場合、免責決定が出ているのです。

一方で自己破産をすると全てを取られてしまうというイメージを持っている方も多いようですが、生活するために必要な最低限の物品や金品は保障されます。生活に必要な家財道具や食料調達に必要な現金などは確保されます。

自己破産のデメリット

信用情報機関に登録される

信用情報機関に自己破産したことが登録されます。いわゆる「ブラックリストに載る」ということです。

信用情報機関に登録されている間は、お金を借りることができなくなります。

もっともブラックリストは金融機関が融資するときに見るもので、一般の人の目に触れることはありませんし、また、自己破産して借金から解放されたのですから、今後は借金をすることなく生活すれば、それほど大きなデメリットとは言えないでしょう。

官報に掲載される

「官報」という国の機関誌に、自己破産したときと免責になったときに、名前と住所が掲載されます。

官報は一般の書店などでは手に入りませんので、知人などに知られることはあまりないでしょう。

ただし、これを利用して闇金業者が接触して高利の貸付を持ちかけられることもあるので、闇金被害に遭わないように気をつけてください。

一定の職業には就けない

破産の開始決定から免責決定が確定するまでの間は、一定の職業に就くことが出来なくなります。自己破産による資格制限

自己破産のときに資格制限がある職業に就いている場合は、一時的に他の部署に異動してもらって別の仕事をするか、休業するか転職するなどの対応が必要になります。

免責決定が確定すれば、元の職業に就くことができます。

一定以上の財産は処分される

評価が一定額以上の財産は全て清算され、債権者への返済に充てられます。

生活に最低限必要な家財道具などは手元に残せます。自己破産の申立をするときに、高価な財産を持っているケースはまれなので、実際に処分される財産がある方は少ないです。

ただし、マイホームがある場合は、手放さなくてはなりません。これが最大のデメリットかもしれませんね。