1. ホーム
  2. 自己破産の基礎知識
  3. ≫保証人への影響

保証人への影響

自己破産は破産者の債務を免除してくれる嬉しい制度ですが、破産者の保証人になっている人に対しては大きな迷惑をかけることになります。

なぜならば、お金を貸している債権者からみて、直接貸している人が自己破産し返済がされないとすれば、全力でその保証人から返済してもらおうと動いてくるからです。

もし、あなたが破産を考えていて、あなたの借金の保証人になっている親族や友人がいたなら、正直に話しておくことをお勧めします。

場合によっては保証人も自己破産を考えなければならないこともあるでしょうし、いずれにしても今後の催促・督促は保証人に集中することになります。

多大な迷惑をかけてしまうわけですから非難罵倒は覚悟しておかなければなりません。

保証人には2つの種類があります。どちらのタイプかで保証人の負担が若干変わってきます。

連帯保証人とは

借金をする場合に求められる保証人と言えば通常こちらのタイプでしょう。

連帯保証人になると「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」が無いことから通常の保証人よりも負担が大きくなります。

「催告の抗弁権」とは

債権者が主債務者(お金を実際に借りた人)ではなく連帯保証人に直接返済を求めてきた場合、この権利が無いと「まずは主債務者から取り立てて」と言えません。従って主債務者と同じ責任度合いで返済に応じなければなりません。

「検索の抗弁とは」

同様に主債務者を通り越して連帯保証人にいきなり返済を求めてきた場合、この権利が無いと「主債務者に資産があるから、そちらに強制執行をかけて」と言えません。やはり返済に応じなければならないのです。

通常の保証人とは

上記の催告の抗弁権、検索の抗弁権があるので、まずは主債務者に責任の履行をさせることができます。

保証返済額の違い

通常の保証人は数人いれば頭割りで各人の負担は減りますが、連帯保証人は一人で全額支払い義務を負います。

自己破産後の求償権は無い

どちらのタイプの保証人も、主債務者が自己破産していなければ求償権と言って、立て替え払いした分の支払いを主債務者に求めることができますが、自己破産後はその求償権もないため主債務者に求償できません。