1. ホーム
  2. 自己破産の基礎知識
  3. ≫自己破産と個人再生との違い

自己破産と個人再生との違い

自己破産の他に、裁判所が関与する借金返済の手続きに「個人再生」という手続きがあります。

個人再生は自己破産のように借金を全て免除するのではなく、法律の要件を充たした返済計画を作り上げ、その返済計画が履行可能であると裁判所に認められた場合には一定の債務の減額というメリットを受けたうえで、計画通りに返済をしていくという方法です。

個人再生は、自己破産のように全ての債務から逃れられることはできませんが、その代りマイホームを手放さなくて済むなどのメリットもあります。また職業制限などもありません。

それでは自己破産と個人再生にはどんな違いがあるのでしょうか。

自己破産と個人再生の比較

 自己破産個人再生
弁済する額原則0円大幅に減額される額
負債総額制限無し5,000万円まで
(住宅ローンを除く)
収入無収入でも申立可安定した収入があること
財産マイホームや高額な財産は処分される手元に残せる
資格制限有り無し
免責不許可事由有り無し

自己破産と個人再生を比較は、上の表のとおりですが、もう少し詳しく見てみましょう。

借金の弁済額の違い

自己破産は原則として全額免除されますが、個人再生はそうではありません。どれだけ免除されるのかは、借金の総額によって違います。

負債の額弁済額
100万円未満全額
100万円以上500万円未満100万円
500万円を超え1500万円以下負債の額の5分の1
1500万円を超3000万円以下300万円
3000万円を超え5000万円以下負債の額の10分の1

マーホームを残すために個人再生をするとき、住宅ローンの金額は上記負債の額には含みません。住宅ローンは全額を返済しなければなりません。

自己破産は借金額に制限はありませんが、個人再生は5000万円までが対象になります。

また、財産の総額が上記弁済額を超えるときは、財産の総額以上を支払わなければなりません。

収入の違い

自己破産はもはや返済が不可能にあることが要件ですので、無収入でも申立てできます。一方、個人再生は、安定した収入があることが要件で、返済計画通りの返済能力がなければなりません。

財産を残せるか否か

自己破産ではマイホームを手放さなくてはなりませんが、個人再生ではその必要はありません。住宅ローン返済中の場合は、当該ローン分は減額対象になりませんが、ローンを返済できる限り、マイホームを守ることができます。

また、自己破産では、高価な財産は清算されるので手元に残せませんが、個人再生では財産額以上の支払いをすれば財産は手元に残すことができます。

免責不許可事由の有無

自己破産はギャンブルなどが借金の原因になっていると免責不許可事由になり、場合によっては免責されず借金が残ってしまいます。これに対し、個人再生には、免責不許可事由はなく、借金の減額をして支払うことが可能です。

資格制限・職業制限の有無

個人再生では自己破産のように一定の職に一定期間就くことができないというような職業上の制限はありません。

自己破産か個人再生か

自己破産を選択するか個人再生を選択するかは、以上のような違いを踏まえて、最終的に決定することになります。