1. ホーム
  2. 自己破産の基礎知識
  3. ≫家族への影響

家族への影響

自己破産を考える場合、資格・就職制限など一定のデメリットがあるものの、それを甘受できれば自分の借金を帳消しにでき、新たな生活の再出発ができるという大きなメリットがあります。

しかし自分は良いとして、家族や配偶者へはどのような影響が及ぶのかと心配ではないですか?

一般的には家族や配偶者への直接の影響はないとされています。

直接というのは例えば夫が自己破産すると妻の財産も取り上げられてしまうのではないかということに対しては、「原則としてその心配はない」ということになります。

家族や妻の預金が差し押さえられることはありませんし、自家用車の没収もありません。

あくまで破産者個人の資産の没収に限られます。

しかし場合によっては直接・間接的に影響が出る場合もあります。どのようなケースで注意が必要なのか見てみましょう。

破産者のマイホームや車などの財産が処分される

破産者の所有物は債権者への配当の為に換価処分されてしまうので、慣れ親しんだマイホームに住むことが出来なくなるなどの不利益が出ることがあります。

家族が連帯保証人になっている

破産者のために連帯保証人になっている場合には、債権者から直接取り立てを受ける立場になりますので返済の矢面に立たなければならなくなります。

家族のローンやクレジットカードの審査

破産者の家族がクレジットカードを作ったり、ローンを組むことになった場合、家族内に破産者がいることが不利になるということは基本的にはありません。その方の個人的な返済能力が審査されるからです。

ただし、一部の高額なローンや、それを取り扱う金融機関によっては、近親者まで審査の対象にすることがあり、その場合は不利に働くことが無いわけではありません。

家族の就職、子供の進学

家族の就職の際に破産の情報まで調べるケースはほとんどないでしょう。警察などの公安関係への就職の場合は親類まで信用情報の収集が行われるという話もありますが、一般の就職にはまず心配いりません。

子どもの進学の際に学校側が親族の借金関係を調査するなどということはありません。教育機関は金融事業者のように借金の経歴を調べるための信用情報機関を利用することはできません。

家族に知られずに自己破産できるか

絶対に不可能ではないですが、裁判所への申請には家族の収入を証する書面等を出さなければなりません。

それらの取得には家族の協力が必要なケースが多いので秘密裏に自己破産を行うことは難しいことが多いです。