1. ホーム

日本人が中国人の子と国際養子縁組してビザを取得した事例

中国にいる身内が未婚で出産し子どもを育てているが、中国でシングルマザーが子どもを育てるのは日本以上に大変で、将来が全く見通せないので、子どもを養子として迎え入れて、日本で養育し教育を受けさせたい。という相談が、同業の司法書士の紹介でありました。

相談者は、夫婦とも日本国籍で、日本で十分な収入を得て生活しています。
一方、養子になるのは、1才の中国籍の子です。

相談者が知りたかったことは、次のようなことでした

  • 日本人と中国人で国際養子縁組ができるか
  • 養子縁組できるとすればどのような書類と手続きが必要か
  • 養子縁組後に日本の在留資格を取得できるか

国際養子縁組手続きをする場合の検討事項

養子縁組の準拠法

まず、国際養子縁組には、どの国の法律が適用になるかという準拠法を決定しないといけません。

日本の法の適用に関する通則法(通則法)31条によれば、「縁組の当時における養親となるべき者の本国法による」とされているので、養子縁組の実質的成立要件については養親の本国法である日本法が適用されます。

また、養子縁組の方式については、通則法34条に「当該法律行為の成立について適用すべき法による」とされており、これも日本法が適用になります。

つまり、日本法に基づいて国際養子縁組の手続きを進めれば良さそうです。

養子の保護要件

通則法31条で「養子となるべき者の本国法によればその者若しくは第三者の承諾若しくは同意又は公的機関の許可その他の処分があることが養子縁組の成立の要件であるときは、その要件をも備えなければならない。」と規定されています。

これを「養子の保護要件」といいます。

養子の保護要件については、養子の本国法である中国法が適用になるので、中国法も調べなければなりません。

家庭裁判所の管轄

本件は未成年者を養子にするので、日本では家庭裁判所の許可が必要です。養子縁組許可申し立ての管轄は、養子の住所地とされていますが、養子は国外に居住しています。この場合の管轄がどこになるのかという問題もあります。

在留資格

在留資格については、定住者の告示7号に「日本人の扶養を受けて生活するこれらの者の六歳未満の養子」なので、定住者の在留資格を申請できそうです。

神戸リーガルパートナーズのサポート内容

まず、家庭裁判所に養子縁組許可の申し立てをするのに、養親の住所地を管轄する家庭裁判所に問い合わせをしたところ、裁判所でも調べてくれて、結果その裁判所で受け付けるとの回答があったので、書類を作成して提出しました。

家裁に提出した中国の養子に関する書類は、日本の戸籍謄本の代わりになりそうな養子の出生公証書と家族関係公証書です。

家裁の書記官と「養子の保護要件」について解釈が異なったため、追加で資料を提出しましたが、それで納得されたのかそれ以上は何も言われることはありませんでした。
しかし、それでも家裁の手続きにかなり時間を要しました。調査官が養親の自宅を訪問し、また中国から養子と母親を呼び、時間をかけて話を聞くといった調査が行われ、最終的に養子縁組の許可が無事出ました。

その後、養親の居住地の役所に養子縁組の届出をし、戸籍謄本に記載された後に、入管に在留資格認定証明書の交付申請。在留資格の審査に1か月程度はかかると思っていましたが、10日程で3年の定住者(告示7号)が認められました。

神戸リーガルパートナーズは司法書士と行政書士の資格があるので、家庭裁判所の手続きから在留資格までワンストップで国際養子縁組を完了させることができました。

日本人と中国人の国際養子縁組については、詳しく書かれたものがあまり見当たらないのですが、「日本人が中国人を養子とする場合の取扱いについて(平成22年6月23日付け民一課長通知)」の解説(戸籍第849号)が一番詳しいんじゃないでしょうか。

シェアをお願いします。


海外在住の方の日本にある不動産の売却をサポートした事例

アメリカ在住のイギリス人の方から次のような相談がありました。

相談内容

以前、日本に住んでいた時に家を購入した。その後、アメリカに転勤となり家は賃貸していたが、賃借人が出たので、この際不動産を売却したい。
但し、忙しくて日本に手続きに行けないし、権利証などの書類もわからない。
どうしたらいいか?

日本の不動産売却の流れと今回の問題点

1 日本では不動産を売却するときにまず不動産仲介業者に委託契約をし、買主がみつかったら売買契約書を交わして、手付金を受け取ります。その後決済に至るまで準備をして決済の日に残代金を受け取り、登記に必要な書類を引き渡します。

2 今回のケースでは、日本の銀行から住宅ローンを借りていましたが決済の時にローンを返済して抵当権を抹消する必要があるので、その手続きもしなくてはいけません。

3 固定資産税などの清算も行う必要がある。

4 売買代金を日本の口座に入れた後、口座を解約してお金を全部アメリカの銀行口座に送金する必要があるが、本来は本人が手続きをしなければならない。

このように日本にある不動産を処分するには段階に応じて何回も来日しなければならない可能性があります。複数回来日するにはコストもかかりそのたびに休暇を取るなど忙しいビジネスマンには大変な負担となります。

また、日本住んでいたので、多少日本語ができますが、不動産取引では難しい言葉がたくさん出てくるので、きちんと自分の権利を守れるか不安もあり、できれば英語で対応して欲しいというご希望もありました。

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズのサポート

不動産業者はご本人が物件を購入したときの業者にすでに依頼されていました。

ご本人が来日せずにすむよう当事務所は不動産業者および住宅ローンの銀行担当者と相談し、当事務所がご本人と面談し直接委任を受けることで事務処理を進めていけることになりました。

ご本人とはメールでやりとりをし、お金の流れ、経費の説明など英語で行い理解していただいた後に、ご本人に会い委任を受けるためにアメリカに出張し、公証人の面前で委任状などの書類にサインいただき公証人の認証を受けました。

決済の日が決まった後に、登記に必要な書類を英文で作成し、住宅ローンの完済に必要な書類も銀行から受け取り、EMSなどを利用しご本人とやりとりをしました。

決済当日は売買代金をご本人の日本の口座に入金、住宅ローンを完済して経費や固定資産税を支払い、取引は完了となりました。

火災保険の返金や保証料の返金を確認したのち、日本の口座を解約する手続きに移りアメリカのご指定口座に送金してご依頼は完了いたしました。

当事務所のサポートがなかったら売却することもできなかったといって大変喜んでいただきました。

外国人の不動産売買による名義変更登記

外国人の不動産登記
お気軽にお問い合わせください
電話、メール、LINE@が使えます

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズ
TEL: 078-262-1691
LINE@
お問い合わせ

シェアをお願いします。


神戸地方法務局の全国一斉!法務局休日相談所に参加しました

10月1日は法の日ということで、神戸地方法務局主催、兵庫県司法書士会が共催の「全国一斉!法務局休日相談所」という相談会及び講演会のイベントが神戸市勤労会館で行われました。

当事務所の井上は「未来につながる相続登記」というテーマで一時間講演を行い、佐伯は無料相談を担当しました。

相続登記が未了の土地建物が増えており社会問題となっています。相続登記をしないとどんな不利益があるか、また相続登記しなかったために損したケースはどんなケースかなど市民の方にわかりやすくお話ししました。

相談では、相続手続に関する相談が多数寄せられていました。

相続に関する関心が高まっていると感じます。

シェアをお願いします。


介護職員向けセミナー「成年後見人と介護職との連携について」を開催しました

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズの2017年第3回介護職員向けセミナーを「成年後見人と介護職との連携について」と題して、3月16日18時から、当事務所が入居しているNLC三宮の3階会議室で開催しました。

今回は年度末の忙しい時期にもかかわらず7名の方に出席していただきました。

介護職の方みなさんにとって、とても悩まれる部分だと思われますので、普段のセミナーでは井上が講義をするスタイルですが、今回は出席者の方から悩まれていることを出していただき、それに対して井上が答える形で進めました。

今回の勉強会では、活発な意見交換ができ、今後の連携にも役立つものになったと思います。

次回は、

  • 平成29年4月27日木曜日18時から
  • 当事務所が入居しているNLC三宮の3階会議室
  • テーマ:法定後見の種類と申し立てから後見人就任まで

です。

出席をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

今後のセミナー予定

  • 5月 任意後見と財産管理 契約準備から後見人就任まで
  • 6月 困難事例の報告とディスカッション
  • 7月 お金のある方無い方のそれぞれの老後プランを考える
  • 9月 身寄りのない入居者を受け入れる場合の準備と対策
  • 10月 家族信託について
  • 11月 家族とのかかわりについて

シェアをお願いします。


事務所スタッフ向け英語研修を始めました

外国の方からお問い合わせをいただくことが増えているので、事務所の英語対応力を上げるために、事務所内で英語研修を始めました。

研修講師は、当事務所の英語サイトを作っていただいた神戸ビジネススクールのグレン・ブラウン先生です。

第1回目は、英語で電話がかかってきたとき、「わあっ、英語!どうしよう。」とパニックにならないための対応のしかたを習いました。
会話が相手ペースにならないように、会話をコントロールし落ち着かせることが、まず大切とのことです。

習ったことをベースに、司法書士が相談者役、事務員が電話を受ける役でロールプレイイングで練習しました。

レッスン前は、英語に腰が引けていた事務員も、終了後は「楽しかった。」と言う程で、とても楽しい英語のレッスンでした。

事務所内で英語研修をする司法書士事務所が日本にどの程度あるのかわかりませんが、当事務所はこの取り組みを継続する予定です。

シェアをお願いします。


遺産整理業務をご依頼いただいたお客さまの声

遺産整理(遺産承継)業務をご依頼いただいた方のお身内の方からいただきました。

高齢の伯父に代わって、亡くなった伯母の遺産相続の手続きをおこなうにあたり、何から手をつけてよいのか、費用はどの程度かかるのか見当がつかず途方に暮れておりました。

こちらの質問に丁寧に答えて頂き、費用についても明確になり安心しました。手続きの節目節目でメールでご報告いただけ助かりました。また、全ての手続き完了時にお預けした書類も含め整理してお渡し下さり大変ありがたかったです。

今回の依頼に対する誠実なご対応に大変満足しております。井上先生はじめ事務所の皆様方のご尽力にあらためて御礼申し上げます。要望は特にございません。

お客さまの声

遺産整理(遺産承継)業務

シェアをお願いします。


あんしんすこやかセンターでセミナー講師をしました

平成29年2月22日、成年後見関連でいつもお世話になっている近隣のあんしんすこやかセンターからの依頼で、ケアマネージャー向けの研修会講師をさせていただきました。

研修は「後見人の仕事と介護職との連携」というテーマです。

主な内容は、

  • 権利擁護とは何でしょうか
  • 本人の権利と私たちの義務
  • 担当する高齢者の権利を守るためにどう行動すべきでしょうか
  • 成年後見制度について
  • 成年後見制度を検討した方がいいケースについて
  • 介護担当者、成年後見人の連携について

でした。

当日の出席者は18名で、最初井上から45分上記内容で解説をし、その後質疑応答に移りました。
多数の質問をいただき、活発な議論ができました。

終了後、「わかりやすかった。」とのお声を多数いただき、とても良い研修会になったと思います。

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズは、事務所で毎月セミナーをしておりますが、事務所内に限らず、研修講師としてお呼びいただければ、喜んで出かけて参ります。

シェアをお願いします。


介護職員向けセミナー「お一人様の老後と亡くなった後のこと」開催

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズの2017年第2回介護職員向けセミナーを「お一人様の老後と亡くなった後のこと」と題して、2月16日18時から、当事務所が入居しているNLC三宮の3階会議室で開催しました。

今回は4名の方が申込みされましたが、2名欠席されたため2名の方に出席していただきました。

死後事務セミナー

井上から死後事務について、例えば身寄りの無い方が亡くなった後の、葬儀や役所への届出、住宅の退去等の手続きについて誰がどう行うか、そのときに注意することは何かについて説明をし、その後出席者から質疑応答を受ける形で進めました。

質疑応答では、今回のセミナーの内容に限らず、今現在抱えている案件の悩みについても質問がありました。

次回は、

  • 平成29年3月16日木曜日18時から
  • 当事務所が入居しているNLC三宮の3階会議室
  • テーマ:後見人の仕事と介護職の連携について

です。

出席をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

今後のセミナー予定

  • 4月 法定後見の種類と申し立て準備から後見人就任まで
  • 5月 任意後見と財産管理 契約準備から後見人就任まで
  • 6月 困難事例の報告とディスカッション
  • 7月 お金のある方無い方のそれぞれの老後プランを考える
  • 9月 身寄りのない入居者を受け入れる場合の準備と対策
  • 10月 家族信託について
  • 11月 家族とのかかわりについて

 

シェアをお願いします。


介護職員向け「権利擁護を考えるセミナー」開催

司法書士事務所神戸リーガルパートナーズの2017年第1回介護職員向けセミナーを「権利擁護について考える」と題して、1月26日18時から、当事務所が入居しているNLC三宮の3階会議室で開催しました。

今回は4名の方が申込みされましたが、1名欠席されたため3名の方に出席していただきました。

セミナー

井上から高齢者や障がい者の権利擁護について、例えば本人の意思と本人の利益が相反するとき周りの支援者はどう対処すべきかなどを実例を交えて説明した後で、最後に質疑応答を受ける形で進めました。

質疑応答では、セミナーの内容に限らず、今現在抱えている案件の悩みについてもいくつか質問がありました。

次回は、

  • 平成29年2月16日木曜日18時から
  • 当事務所が入居しているNLC三宮の3階会議室
  • テーマ:お一人様の老後と亡くなった後のこと

です。

出席をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

今後のセミナー予定

  • 2月16日 お一人様の老後と死後事務や遺言のこと
  • 3月 後見人に仕事と介護職の連携
  • 4月 法定後見の種類と申し立て準備から後見人就任まで
  • 5月 任意後見と財産管理 契約準備から後見人就任まで
  • 6月 困難事例の報告とディスカッション
  • 7月 お金のある方無い方のそれぞれの老後プランを考える
  • 9月 身寄りのない入居者を受け入れる場合の準備と対策
  • 10月 家族信託について
  • 11月 家族とのかかわりについて

3月以降の日程は未定です。

シェアをお願いします。


任意後見をしていた方の友人の方からのお礼の手紙

任意後見契約をして見守りをしている方が亡くなり、生前の契約に基づいて当事務所で葬儀まで行いました。その後、ご本人の知人の方からお礼の手紙をいただきました。

あの時民政の方と井上様を紹介して頂き本当に○○さんお幸せでした。秋頃からは本当によくしていただき○○さんに代わり御礼申し上げます。

娘が帰りの車で井上様がやさしそうな方で良かった!と申しました。

シェアをお願いします。