1. ホーム
  2. 渉外業務
  3. ≫アメリカから死亡証明書の取り寄せ

アメリカから死亡証明書の取り寄せ


相続人の一人がアメリカに渡りアメリカ国籍を取得、その後アメリカで死亡した。日本の相続手続で必要なので、アメリカで死亡したことの証明書を取り寄せできないか。

そのような問い合わせを同業の司法書士仲間からいただきました。

アメリカには日本のような戸籍制度や住民登録制度はありません。その代わりに、出生、死亡、結婚、離婚に関する証明書を、これらの事実を届出した州から発行してもらうことができます。

州毎の関連機関を探すのは大変ですが、幸いなことに、アメリカのCDCのNational Center for Health Statisticsのページから各州の関連サイトに行けるようになっています。

National Center for Health Statistics

いくつか見てみましたが、手続きと費用は州によって異なります。オンラインで申請できる州もあって、便利ですね。

カリフォルニア州に申請

今回申請したのは、カリフォルニア州。

上記サイトからカリフォルニア州のサイトに飛び、申請手続きの説明や申請書をダウンロードして、一通り目を通してみました。

カリフォルニア州の場合は、申請は郵送で、オンラインではできません。また、手数料の支払いはアメリカ国内で換金可能な小切手しか受け付けてくれません。

申請書に必要事項を記入し、手数料は海外送金小切手で用意しました。

申請書と手数料をアメリカに送って待つこと約4週間。無事にカリフォルニアから死亡証明書が郵送されてきました。

アメリカとの人の行き来を考えれば、今後益々このような書類が必要になるケースは増えるのかもしれませんね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。


CAPTCHA